sh TOPへ はじめての方へ ハートケアグループについて 高齢者住宅事業 土地活用 ケアプラン 採用情報 sh
space
space
はじめての方へ
介護保険について
良くあるご質問
 
訪問看護・リハビリ
デイサービス
訪問介護
福祉用具レンタル
同業者の方へ
グループ通信
ブログ
はじめての方へ(介護保険について)
居宅サービスの利用限度額
介護保険によるサービスを受けるためには、要介護・要支援の認定を受けていただく必要があります。
心身の状態に応じて定められた認定区分によって給付内容が異なってきます。
要介護認定区分は介護認定審査会の結果にもとづいて決定されますが、判別の目安として以下の一覧を
ご参照ください。
space
  要支援認定の目安例 サービスの
利用限度額の目安
(1ヶ月)
※市町村によって、利用料金は若干異なります。
非該当
誰かに助けてもらうことなく一人で外出でき、元気であるが家事を
した経験が無いためにお手伝いを必要とする方などは対象になりません。
-
要支援1
家事や身支度などに社会的支援を要する状態
4万9700円
要支援2
家事や身支度、排泄、入浴に支援が必要な状態
10万4000円
  要介護認定の目安例  
要介護1
排泄・入浴についての全介助や身だしなみ・衣服の着脱に一部
介助が必要
16万5800円
要介護2
排泄・入浴についての全介助や身だしなみ・衣服の着脱に一部、
または全介助が必要
19万4800円
要介護3
排泄・入浴についての全介助や身だしなみ・衣服の着脱に
全介助が必要
26万7500円
要介護4
入浴・排泄・衣服の着脱・身だしなみなど全般について
全面的な介助が必要
30万6000円
要介護5
生活全般にわたって全面的な介助が必要
35万8300円
space
●居宅サービスは要介護度ごとに利用できる上限額が決められています。(上表)  
限度額の範囲内でサービスを利用したときの自己負担は1割です。
●限度額を超えてサービスを利用したときは、超えた分が全額自己負担となります。
●市町村によって、利用料金は若干異なります。
このページの上部に戻る
space